waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

米国産牛を避けた方が良い理由 《 A seed さんより 》

この項はフェイスブックpageのA seed記事の転載です。フェイスブックをやっていない方も見られますので教えてあげてくださいね。また [+読者になる] を押してくだされば都度に配信されます。 
 

【 米国産牛を避けた方が良い理由 】



成長ホルモン剤 残留量は国産の600倍以上

米国では 3種類の天然ホルモンと3種類の合成ホルモンの計6種類のホルモン使用が許可されています。

米国がホルモン剤を使う理由

1 牛の性格がおとなしくなり育て易い
2 成長が早くなる
3 肉の量が増える
4 肉質が柔らかくなる   等々があるようですが・・・

数値を見ると・・・
国産牛が 0.006に対して3.8 約633倍 0.1に対して1.0の 10倍です。

ではホトンド使用しない国産牛がまずいかというと

そんな事は有りません。平均的には国産牛の方が美味しいです。

結局日本でもホルモン剤は4種類 認められているのですが問題はその使い方。

f:id:wacag:20140412174829j:plain

日本の場合 病気の治療時のみ等 出来るだけ使用量を押さえようとしています。
しかし このグラフを見る限り米国ではそのような配慮は無いようですね。
(実際 耳にホルモン剤を付けて飼育する為)

ちなみにEUでは ホルモン剤は使用禁止 またホルモン剤を使用した米国産牛は輸入禁止です。

過剰なホルモン剤は発がん性等の危険性も懸念されていますが一応 公正さを期す為に以下 厚生労働省のサイトもごらん下さい。

「畜産食品中残留ホルモンのヒト健康に及ぼす影響に関する研究」
http://www.mhlw.go.jp/topics/0106/tp0601-2a1.html

その他 

豚や鶏などもホルモン剤や抗生物質の問題等が・・・
http://www.cnn.co.jp/fringe/35030908.html

安く作る為に手間を省き 薬物に頼る方が良いのか?
それとも 手間を掛け薬物に頼らない方が良いのか?

僕は 薬物 自体の毒性 ウンヌンではなく
何事も出来るだけ使わない方向で考えるべきだと思っております。

出来るだけ使わないようにしたけど
どうしても使用せざるを得ないなら最小限の使用は 仕方ないと思いますが

しかし単純に面倒だからとか 手間を省く為に安易に頼るべきではないと思うのです。

 ______________

 a seedプロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff

 元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に興味を持ち

現在は静岡県焼津市の会員制レストランで

食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。

 https://www.facebook.com/jeffrielau

___________

  

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog