waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

タバコと味覚の関係 《 A seed さんより 》

 この項はフェイスブックpageのA seed記事の転載です。フェイスブックをやっていない方も見られますので教えてあげてくださいね。また [+読者になる] を押してくだされば都度に配信されます。 

 
【 タバコと味覚の関係 】

 
喫煙者や元喫煙者は味覚上 苦味に対して鈍くなる傾向があるのではないか?とフランスの研究者から発表がありました。
 
仏ピティエ=サルペートリエール病院(パリ)のNelly Jacob氏らの研究

実験の内容は以下の通り

約450人を喫煙者、元喫煙者、非喫煙者の各群に分け、甘味、酸味、苦味、塩味とその強さをどの程度認識できるかをチェック。

結果、塩味、酸味、甘味の検出能力に喫煙の影響はみられなかったが、カフェインの苦味を検出する能力には影響がみられた。

カフェインの苦みを正しく特定できなかったのは喫煙者では約20%、元喫煙者では約25%、非喫煙者では13%だった。

何が原因かはハッキリしなかったが たばこに含まれる有毒物質が影響を与えたと思うとの事。

同氏は、「たばこの煙の化合物が蓄積し、禁煙後も味蕾の再生が妨げられ、一部の味の検出能力を低下させる可能性がある。苦味の認識は、禁煙または喫煙開始予防の“ツール”として、より詳細に検討する必要がある」との事。

f:id:wacag:20140412174516j:plain

個人的に意外だったのは 
・苦味以外はあまり影響が無かったという事。
・タバコを吸わない人でも 苦味に鈍感な人がいたという事。

またフィルター付よりもフィルター無しの葉巻やパイプの方がもっと顕著に差が出る可能性も高いですね。

喫煙が味覚の苦味を鈍らせる原因になるという事は分かりましたが禁煙した場合 味覚が元どおり正常になるのか、またどの程度の期間がかかるかはまだ分からないそうです。

この研究から思うのは 元来 苦味は毒性を疑う味覚
タバコも毒性物質であるという事を考えれば・・・

普段から 毒性のある物を摂取していると 
毒に対して味覚鈍感になるのではないか?というのは当たり前といえば当たり前の事なのかもしれません。

これはタバコに限らず その他の食品等にも言えるかもしれませんね。

更なる味覚に対しての研究結果に期待しましょう。

___________

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff

元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に興味を持ち
現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や講演料理プロデュースをやらせて頂いております。

https://www.facebook.com/jeffrielau
___________