waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

代表的な 人工甘味料 《 A seed さんより 》

この項はフェイスブックpageのA seed記事の転載です。フェイスブックをやっていない方も見られますので教えてあげてくださいね。また [+読者になる] を押してくだされば都度に配信されます。
 
 
【 代表的な 人工甘味料 】 
 
一昨日のアドバンテームの認可承認のお話から
今日は代表的な人工甘味料をまとめてみました。
 
1. サッカリン 
  戦前に認可 1973年に一時禁止 その後再認可

砂糖の350倍以上の甘さ
1日あたり「0.005g×体重kg」まで
60キロの人で 1日0.3gまで
水に溶けにくい 苦味有り。

トルエンを原料とする
発がん性 否定されているが異論も有り
使用量に対して考えれば毒性は高め。
水に溶けにくい為 ガムなどに使用される事が多い
水に溶かして使う時はサッカリンナトリウムを使用

2. アスパルテーム 
  1983年認可

砂糖の100~200倍の甘さ
1日あたり「0.05g×体重kg」まで
60キロの人で1日 3gまで

カロリーは砂糖と同じだが
 圧倒的に使用量が少ない為 低カロリー

アセスルファムカリウムと併用すると甘味度が40%強化され、甘味の立ち上がりが砂糖に近くなる。
液体内では安定性に欠けるのが欠点
フェニルアラニンを含む為 6歳くらいまでは避けた方が良い
味としては不味い事で定評有り。

3. アセスルファムカリウム 
  2000年認可

砂糖の200倍の甘さ
1日あたり「0.015g×体重kg」まで
60キロの人で1日 0.9gまで

サッカリンに似た苦味あり アスパルテームと併用する事多い。
酢酸を熱分解して得るジケテンより合成

4. スクラロース 
  1998年認可
砂糖の600倍の甘さ
1日あたり「0.005g×体重kg」まで
60キロの人で 1日0.3gまで

砂糖に一番近い甘み
塩素化合物のため、発ガン性やその他の毒性が懸念されたが、現在までに毒性の報告はない。

5. ネオテーム
  2002年認可

砂糖の7000~13,000倍の甘さ
1日あたり、0.002g/kgまで
体重60kg の人で1日0.12g まで

米国M社開発 立ち上がりの鈍い甘味

6. アドバンテーム 
  2014年認可

砂糖の14,000倍~48,000倍の甘さ
1日あたり、0.005g/kgまで
体重60kg の人で、0.3g まで

その他 特性詳細等 不明

f:id:wacag:20140812185939j:plain

こうやって比べてみると・・・
今回承認されたアドバンテームが「桁違いの甘さ」なんですね。 

またアスパルテームと アセスルファムK
よくセットで入っている理由も分かりました。
味が問題だったのですね。

______________

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff

元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に興味を持ち

現在は静岡県焼津市の会員制レストランで

食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。

___________

  

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary 

waca-jhiのblogの一望は wab's blog