waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

安い賃金で成り立つ 安い食品 《 A seed さんより 》

この項はフェイスブックpageのA seed記事の転載です。フェイスブックをやっていない方も見られますので教えてあげてくださいね。また [+読者になる] を押してくだされば都度に配信されます。


【 安い賃金で成り立つ 安い食品 】


現代は強烈な味付けが氾濫しています。

そのほうが お客様にウケがイイからです。

お客様は自覚の無いまま その強烈な味に対して慢性的な中毒になって行きます。

 中毒だから また何ども その味を求めてしまうのです。

特にジャンクフードは脳内の快楽中枢を刺激し中毒性が強い事が
研究で分かっています。

だから飲食店で儲けようとするならば 安い材料 安い賃金で 油分 糖分 塩分 化学調味料等の 濃い味 つまり 中毒になるような味付けのメニューをガンガン売れば良いのです。

その場で売れて その場だけお客様が喜んでいれば それで目的は達成されます。
あとからお客様が どうなろうと・・・そこまでは考慮してないのです。

そういう企業や店は 一面ではお客様の健康を考えているかのようなコメントを出していたりしていますが 最終的には 利益第一です。

ホトンドが会社組織ですから それは致し方ないでしょう。 

食べ続けて具合が悪くなっても それは自己責任で 会社側ではそれなりに努力していますというスタイルです。

f:id:wacag:20140814182422j:plain

米国のファストフードの訴訟もそうですよね。

お客様は医師から食生活の改善指導をされますが
メーカーや店は医師や専門家から指導を受ける事はないのですから・・・

難しいのは 世の中の流行っている店の多くが上記のような所が多い事。

濃い味に慣れている または その自覚の無い料理人が作る店には 
濃い味が好きなお客様が集まり それで経営が成り立つ事が多い。
しかし それらは中毒の上に成り立っているという事。

本当にお客様の為に作ってくれる店が どのくらいあるのでしょう?
そういう店は 意識的に我々が守って行かないと いつかジャンクフード店ばかりになってします。
もし ご近所に そういう店が有ったら 是非通ってあげて下さい。

そういう健康的な食事を作る店はオーナーが身を削りながら作っている事が多いです。
また その苦労を正しく評価して行かなければ 継続できませんし精神的にも参ってしまい誰もやろうとしなくなります。

努力しているのに報われない社会より 努力したら それなりに報われる社会にしなければ 誰も努力しなくなってしまうのと同じ。

特に若い方に知って欲しいのは 今 私達の身近にある 簡単 早い 安い食事は 安い賃金で過酷な労働をしている人達の上に成り立っている事を忘れてはいけません。

ひいては自分自身の賃金にも大きく影響を与えます。

深夜営業のアルバイト要員が集まらない昨今の某社の問題が良い例。

世の中の多く人が安物ばかりを求めたら 結局は自分達の所得も安くなってしまいます。

食べ物の価格と 私達の賃金の関係・・・ちょっと考えてみて下さい。

______________

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff

元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に興味を持ち

現在は静岡県焼津市の会員制レストランで

食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。

https://www.facebook.com/jeffrielau
___________

  

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary 

waca-jhiのblogの一望は wab's blog