waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

フッ素加工のフライパンは不安がいっぱい

この項はフェイスブックpageのA seed記事の転載です。フェイスブックをやっていない方も見られますので教えてあげてくださいね。また  [ + 読者になる]   を押してくだされば都度に配信されます。

 

【 フッ素加工のフライパンは不安がいっぱい 】


写真のようなフライパンは避けましょう。

アルミが削れているのも良くないですが フッ素加工自体 過加熱した場合 小鳥が死んでしまう事もあり

人間にも毒性があり具合が悪くなったりします。

さらに フッ素加工のフライパンのホトンドは
 アルミニウムをベースに作られています。

アルミニウムの毒性は以下参照

厚生労働省より
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/shokuhin/syokuten/aluminium/

アルミニウムは ラットを用いた動物実験では、アルミニウムを多量に投与したときに腎臓や膀胱への影響や握力の低下などが認められています。

食品の安全性を評価している国際機関(JECFA:FAO/WHO合同食品添加物専門家会議)では、暫定的な許容量として、体重1kg、一週間当たり、2mgという値を設定しています。

あくまでも暫定的な許容量です。

また現状 常温ではフッ素加工は安全性が高いっと言われて来ましたが 現状では賛否両論ありその判断は難しい所。

実際 高温で加熱した場合はハッキリと毒性が確認されています。

フッ素加工のフライパンで有名な会社では適正温度として260度を使用最高温度に・・・と指定があります。

それ以上になると 表面の変色や機能低下の恐れあり。

そして一応 現実的に過熱によって直ちに人体に影響が出たという報告は無いという記述もありますが、その割には使用時には換気すること 余熱はしない 強火調理はしない等 様々な注意が書かれています。

また350度以上に過熱した場合はコーティングの成分が分解するとも記述があります。

f:id:wacag:20141031160238j:plain

つまり、火にかけていて、うっかり2~3分以上 目を離していたら、350℃以上になり有害なガスが発生している可能性が出てくるのです。

実際 200度くらいでも ペットの鳥が死んでしまった例があるそうです。

その会社もホームページに「ペットの鳥を守るためのヒント」というページを作っています。

結構 地味目ですが フッ素加工が鳥に被害を与える可能性について書いています。あえてページを作るくらいなので苦情はかなり多いのかもしれません。

実際にインコが亡くなった事例 個人の方のブログ
http://edamame-inko.blog.so-net.ne.jp/2013-05-06

ちなみに普通に炒め物していると300度くらいは軽くオーバーします。

また フッ素加工した表面はプラスティック並みに柔らかいとの事なので せめて 使うなら樹脂製のヘラをした方が良いと思います。そして高温にならないよう強火では調理しない事。

どうしても強火調理したければ 硬度の高い鉄などの方が
アルミほど削れることは無いと思うので扱いやすいと思います。

______________

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff

元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に興味を持ち

現在は静岡県焼津市の会員制レストランで

食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。

https://www.facebook.com/jeffrielau

______________

  

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary 

waca-jhiのblogの一望は wab's blog