waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

夜勤をすると代謝が遅くなる

f:id:wacag:20141129183005j:plain

コロラド大学(ボルダー)の研究で

夜働き、昼間に寝ると、

体の代謝が遅くなる可能性がある事が発表された。

これは 以前から言われている「不規則な生活は太りやすい」っという原因かもしれません。

実験内容は・・・

ボランティア14人に6日間、睡眠研究所で過ごしてもらい

最初の2日は正常なスケジュールで過ごし 
次に、夜間に起きて日中に眠るという夜型のパターンにした。

食事は厳密に毎日同じカロリーを摂取してもらった。

その結果、夜型のパターンだと カロリー燃焼が平均で3%低下した。

研究者のケネス・ライト博士は、「カロリー燃焼の低下はおそらく、交代勤務が“体内時計”に反するものだからではないか?

体内時計は身体の自然な概日周期であり、代謝などの基本的な生理学的機能を支配している」と述べている。

過去にフランス政府の研究でも 長期の夜間勤務は寿命を縮めるっという結果もあり

その結果 ・夜間勤務は土日は極力避ける ・休日を増やす ・食事に気を使う等の大きな改善がされた事があります。

その他夜型に慣れれば平気という意見も有りますが 実験では サルは1週間で慣れましたが

人間では13週間かけても慣れないっという結果も出ています。

忙しい現代のこと 完全に夜の勤務を無くす事は不可能でしょうし実際に強制でないにしても僕も含めて夜型の人は多いでしょう。

f:id:wacag:20141205104111j:plain

ケネス・ライト博士も「極力睡眠を取ることと せめて 夜型の人は 極力食事に気を使う事や定期的な運動を心がける事が重要」とのこと。

食べ物の良し悪しと運動不足 

結局 この二つは現代の生活から切り離せないようです。

この実験の詳細を知りたい方は以下URLをどうぞ
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25404342

 

 

 

                    

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff

元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に興味を持ち

現在は静岡県焼津市の会員制レストランで

食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。

https://www.facebook.com/jeffrielau

                    

 

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary 

waca-jhiのblogの一望は wab's blog