waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

豆乳の種類と注意点

f:id:wacag:20150121163726j:plain

「成分無調整豆乳」

JAS日本農林規格)で、水分を除いた大豆の成分(大豆固形分)が8%以上の豆乳のことです。

大豆と水で作られていて、添加物も含まれておらず、大豆の栄養成分がそのまま保たれています。

丸大豆をそのまま搾ったものなので、豆乳本来の味が濃厚で、少し飲みづらいという方もいます。


※「大豆サポニン」や「大豆ペプチド」といった栄養分が沢山含まれている

「調整豆乳」

JAS日本農林規格)で、大豆固形分が6%以上の豆乳のことで、成分無調整豆乳より大豆成分は少な目です。

飲み易くする為に、豆乳にカルシウムや砂糖などの甘味料、香料、植物油などを加えています。

※甘味料が入っていて飲み易い

「豆乳飲料

豆乳の使用量は、無調整の半分以下で、果汁入りの場合は大豆固形分2%以上の豆乳を指し、その他の場合は大豆固形分4%以上の豆乳のことです。

調整豆乳にフルーツ、野菜、コーヒー麦芽などを加えて風味をつけた飲料のことです。

※原材料名を見ると、大豆「(遺伝子組み換えでない)アメリカ産、カナダ産と書かれている場合が多い

※原材料の表示に脱脂豆とあるものは、豆を薬品につけて加工している。
 
f:id:wacag:20150106184140j:plain

身体のことを考えて気をつけるべきは

・甘味料、香料などの添加物

・大豆、植物油の遺伝子組み換え

・大豆の産地

・脱脂豆の薬品

ご参考下さい。
 
ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され、5年後には寝たきりになるとの宣告を受け一時は悪化していたものが、「…小さな光を追いかけ続けた結果、約4年で血液検査も正常値に戻り、自力で立てる、走れる、自転車に乗れるまで回復しました…」との体験をもとに、現在は難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター

                

 

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary 

waca-jhiのblogの一望は wab's blog