waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

お米の栄養価と残留農薬

f:id:wacag:20150127183221j:plain

お米から硬い籾殻を取り除き、

さらに、ぬか層と胚芽を全て取り除いたものが白米です。

玄米→ 五分づき→ 七分づき→ 白米と栄養価は減っていきます。


ですので、玄米が一番栄養価が高く身体には良いことになります。

しかし、残留農薬を考えると、一概にはそう言えなくなってしまいます。

玄米に含まれる残留農薬のうち、約83%がぬかの部分に蓄積しているとのことです。

その後、お米を研ぐことで7%が除去され、炊飯調理することで4%除去されるとのことです。

もし玄米に農薬が残留していたとしたら、白米の残留農薬量を1と仮定すれば、玄米の残留農薬量は20倍くらいになるそうです。

ですので、私は田舎から減農薬の玄米をいただくのですが、7分づきにしています。

また、玄米を発芽させて食べる用に、「有機JASマーク」の付いたお米のうち「農薬未使用」を選んで買うようにしています。

f:id:wacag:20150210163350j:plain

普段はこの7分づきと発芽玄米の2種類を半々にして炊いて食べるようにしています。

栄養価と残留農薬のことを考えてバランスが必要かなと思います。

みなさんはどうされているんでしょうか?

ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され、5年後には寝たきりになるとの宣告を受け一時は悪化していたものが、「…小さな光を追いかけ続けた結果、約4年で血液検査も正常値に戻り、自力で立てる、走れる、自転車に乗れるまで回復しました…」との体験をもとに、現在は難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター

                    

 

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary 

waca-jhiのblogの一望は wab's blog