waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

  自家製ジャム!今度は甘夏!

f:id:wacag:20150314165633p:plain

今回は、甘夏でジャムをつくりました!
甘夏と聞くと、旬は夏なの?と思う方もいるかもですが、
今頃がちょうど旬なんです!
というのも、甘夏は1月から収穫が始まり、倉庫などで寝かせて
酸を抜き、熟成させたのち出荷されます。
美味しくなる旬は3月から5月頃までなんです。

栄養面では、みかんや柑橘類には多くのビタミンCが含まれていますが、
特に甘夏には多いと言われています。昔から甘夏には
疲労回復の効果があると言われており、
ビタミンCの摂取はみかんなら一日2個、
甘夏なら半分で足りるとまで言われております!

そのビタミンCには、こんな嬉しい効能が!

その1)ビタミンCはコラーゲンの生成を促して
    強い歯茎や血管、骨や筋肉を作る。
     ビタミンCの重要な役割のひとつは、その"コラーゲンの
     生成"に関与することです。
     ビタミンCはもともと、壊血病(かいけつびょう)の
     予防薬として発見されました。
     有名な話が、遠洋航海で新鮮な野菜不足でビタミンCが
     不足し、壊血病に罹る船員が多くなり、
     その対策としてビタミンCを豊富に含むレモンや
     オレンジを積み込んだという話。

その2)ビタミンCは風邪を予防し、回復を早める。
     ビタミンCは、 白血球の働きを強化するだけでなく、
     自らも体内で感染を除去します。
     風邪が流行っている時期にビタミンCを
     多く摂取すると風邪をひきにくく、
     もしひいてしまっても、早く回復します。

その3)ビタミンCは、体内の発がん物質を抑えて、がんを防ぐ。
     ビタミンCは、胃がんや肝臓がんの
     原因ではないかといわれている
     『ニトロソアミン』の生成を抑制します。
     もうひとつ、抗がん作用があるとして知られている
     インターフェロンは、
     もともとは体内で作られるものですが、
     ビタミンCがこの物質の生成を
     促進すると言われています。

     大量のビタミンCは発がん物質を抑制し、
     抗がん物質の生成を促進しますが、
     大量にとっても尿中に排泄され、
     体に蓄積されないということで、
     ビタミンCは、がぜん注目を浴びているのです!

その4)ビタミンCはストレス対抗力を作る。
     私達のからだの内部では、ストレスが生じると、
     抗ストレスホルモンである
     アドレナリンという 副腎髄質ホルモンが分泌されます。
     それが、血圧を上げ、血中の糖分を増やし、
     エネルギーの増産態勢を整えます。

     ビタミンCは副腎に働きかけ、副腎髄質ホルモンを作り、
     結果としてエネルギーの増大に役立ちます。

     逆にビタミンCが不足すると、
     抗ストレスホルモンが十分に作られず、ストレスに負けてしま
     うのです。

f:id:wacag:20150324170537j:plain


こんなに栄養価の高い甘夏を使った自家製ジャム。
味のほうはというと、ジャムのなかでもさっぱりとしていて、とても美味しいです!
もちろん、余計なものは入れずに、甘夏とグラニュー糖のみで作っております。

ちなみに、今回は甘夏を12個ほど使い、できたのは4瓶。。。
皮、薄皮など取り除き、身だけを使うので、嵩が減ってしまうんですね。
作る過程で出てきた果汁は、少し甘さを足して、ジュースとして
お客様に提供いたしました!
これも、手作りならではですね。 

この自家製ジャムは、サワーやソーダなどドリンクの他に、
ケーキやアイスなんかにも大活躍します!

今使っているジャムが終わったら登場しますので、
出番はもう少しあとになりそうです。


ありがとうございます。

直接ページをご覧いただくには スローフード小杉 - 千葉県 千葉市 - レストラン | Facebook

 

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品を主に、

意の転換に貢献できると思われる事柄の記載は  waca-jhi's diary 

 waca-jhiのblogの一望は wab's blog