waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

味は 見た目と香りで騙される

かき氷シロップってドギツイ色ですよね。
あの色は あんまり良く無さそうなのは容易に想像出来ますが その他にもいろいろ調べてみました♪
f:id:wacag:20141129183005j:plain
 
まず以下は日本で売られている代表的なシロップの原材料です。

当然ですが 原材料表示は 多い順です。

************

1 いちご
果糖ブドウ糖液糖、はちみつ、食塩、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、酸味料、保存料(安息香酸Na)、リン酸塩(Na)、香料、着色料(赤2)

2 メロン
果糖ブドウ糖液糖、はちみつ、食塩、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、酸味料、保存料(安息香酸Na)、リン酸塩(Na)、香料、着色料(黄4、青1)

3 レモン
果糖ブドウ糖液糖、はちみつ、食塩、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、酸味料、保存料(安息香酸Na)、リン酸塩(Na)、香料、着色料(黄4)

4 抹茶
果糖ブドウ糖液糖、はちみつ、食塩、抹茶、甘味料(サッカリンNa、ステビア、甘草)、酸味料、保存料(安息香酸Na)、リン酸塩(Na)、香料、着色料(赤2、黄4、黄5、青1)

5 アセロラ
ブドウ糖果糖液糖、はちみつ、食塩、酸味料、ビタミンC、保存料(安息香酸Na)、香料、着色料(赤40)

**************

上記で使用されている着色料は 

すべて俗に言う「 合成着色料 」であり「 タール色素 」です。
 
f:id:wacag:20141031160347j:plain
EUでは、2010年7月20日から 特に危険と思われる 合成着色料の

黄色4号 5号  赤色102号 40号に関して

「合成着色料は、多動症になる可能性があります」という警告表示を 義務付けました。

出展元
http://tna.europarchive.org/20130513091226/http://www.food.gov.uk/news-updates/news/2010/jul/eucolourswarn

しかし上記を見る限り日本では普通に使用されています。

ちなみに赤色40号は米国が開発したタール色素 日本でも91年まで使用禁止だったが 
その後認可された。

赤色102号は カナダ、ベルギー、アメリカなどで 食品への使用が禁止。

詳しく知りたい方は 以下URL参照下さい。

タール色素 Wikipediaより
http://ja.wikipedia.org/wiki/タール色素

***************

また目に付くのは 「 安息香酸Na 」ですが 
こういう時には 一切 書かない&表示しませんが

これは 「 合成保存料 」 です。

日本国内では 安息香酸ナトリウムは「キャビア、マーガリン、清涼飲料水、シロップ及び醤油、菓子製造に用いる果実ペースト及び果汁」 のみに使用できるもの。

その他の物には使用は認められていない。

厚生労働省 添加物使用基準リスト 1より
http://www.ffcr.or.jp/zaidan/MHWinfo.nsf/0/980837ba5d9b0d28492575d6000785e6

***************

また成分の大半を占めいている「 果糖ブドウ糖液糖 」とは、

果糖が 50%以上含まれている液状の糖で、大半はトウモロコシから作られるデンプンを原料とした異性化糖です。

コストの関係上 遺伝子組み換えトウモロコシが原料と思われます。

***************

これらのシロップの違いを いろいろ調べてみた所
違いは 色と香料が大きく その他の要素はほとんど関係ありません。

特に色が与える影響はとても大きく かき氷に関しては 最悪香料無しでも 見た目で味が ほぼ決まるそうです。

残念ながら 人は見た目に騙されやすいという事が言えるでしょうね(^^;

______________

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff

元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に興味を持ち

現在は静岡県焼津市の会員制レストランで

食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。

https://www.facebook.com/jeffrielau

______________

  

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary 

waca-jhiのblogの一望は wab's blog