waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

ジャンクフードは計算されて作られている

ジャンクフードに ヤミツキになるワケ

食品科学者のスティーブン・ウィセリー博士は20年ほど前から、
ほかの食べ物よりも病みつきになりやすい食べ物がある理由について
研究してきたそうです。

 このページはフェイスブックページ "A seed" の記事の転載です。

食べ物を食べたときに美味しく感じさせる要素が大きく分けて2つ有るそうです。

1つは 食感です。

これは もちろん味付けも有りますが カリッとかパキッというような歯ごたえのような物も含みます。

この「食感」の為に 日夜 大手メーカーは必死に研究しているそうです。

そのくらい凄い研究をしているのですから 美味しく錯覚させられてしまうのは当然かもしれません。

2つめは 食品の成分です。

ジャンクフードの食品メーカーは、

脳を刺激し、何度でも繰り返し食べたくなるような、塩、砂糖、脂肪の完璧な組み合わせを徹底的に研究しています。

f:id:wacag:20150710091842j:plain

ではどんな方法で病みつきにさせているのか?

各メーカーいろいろな手法が有るようです。

その1

1つの食べ物に異なる食感を合わせる手法

とろけるようなクリームの中にカリッとするキャラメルやクッキーを忍ばせる手法

その2

唾液を沢山出させるような物

バター、チョコレート、サラダドレッシング、アイスクリーム、マヨネーズといった乳化させた物は唾液の分泌を促し

美味しく錯覚させます。一般的に ソースやシロップがかかった物を好むのもこれです。

その3

口の中で溶けて消える食感。

これは脳に実際に 食べている量のワリに 少ないと錯覚させる為。

その4

食べ飽きるのを防ぐような感覚を植えつける。

通常 刺激がないと食べ物は 飽きやすいものですが、飽きないような味付けや音を出来るだけ追求しているそうです。

その5

カロリーが低いように錯覚させる。

「栄養は有ってもお腹は膨れていない」と脳を言いくるめるように作られているそうです。

だからついつい食べ過ぎてしまうんですね。

その6

過去の快感を思い起こさせる。

以前 食べた時の美味しいと錯覚させた記憶を常に思い起こさせる手法。

**************

とまあ様々な手法で 中毒にしようとしている訳です。

時々「美味しいのだから良いじゃないか!」という人いますが完全に術中にハマッってしまっているという事ですね。

悪意は無いとしても 相手は騙そうとしているワケですから 私たちは それらを前提に食べ物を選ぶべきだと思います。

原文 URL
http://jamesclear.com/junk-food-science

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff
元々臨床検査会社に勤めていた所から
健康的な食事に興味を持ち、現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。
https://www.facebook.com/jeffrielau

                                         

 彦根市の坂根龍我さんの漆作品など一望は waca-jhi's diary 。

waca-jhiのblogの一望は wab's blog