waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

まさにスローライフ、スローフードの長寿の島 その2

まさにスローライフスローフードの長寿の島、イタリア・サルデーニャ島のご紹介です。

週刊新潮さん11/12号参考〜   その2 

近年、このサルデーニャ島は、ある注目を浴びているのです。

それが、長寿です。

イタリアといえば、スローフード発祥の地。

とりわけこの島では、100歳まで生きる確率が、世界でもとびきり高いと言います。

しかも、亡くなる直前まで元気に活動しているケースがほとんど。

つまり、健康寿命が長いのです。

今回は、そんなサルデーニャ島の、長寿の秘訣についてご紹介します。

こちらは、その2です。

 千葉県幕張本郷のレストラン"スロフード小杉" の
F.B.pageから転載させていただいています。

その1が未読の方は、まずはそちらからご覧になることをお勧めいたします。。

f:id:wacag:20151117183553j:plain

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このようにアドルフォさんは、

高齢でも、食事を楽しんでいるが、必ず気をつけていることがあるそうです。 

食べるのは好きだが、食べ過ぎないよう、必ず腹八分目で抑える。

ワインも酔わないように、1回につきグラス半分程度。

ただ、水はたくさん飲む。 

そして、いつも体を動かすようにしている。

いつもの畑仕事や、バリスタの仕事がスポーツのようなもの。

この豆入りミネストローネは若い時から特に食べてきたメニューだそうで、そのレシピも聞いてみた。

「鍋に豚のラードを入れて、加熱。玉ねぎやセロリ、ニンジンを炒める。

別の鍋でエンドウ豆やヒヨコ豆を柔らかく煮込み、

そこにポテトやフレーゴラ(米粒みたいな自家製パスタ)を加える。

そして、2つの鍋を一緒にして、煮込めば完成。」

ちなみに、良質なたんぱく質食物繊維を含む豆をよく食するという点は、

長寿者が多い世界中の地域に共通すると言われています。

このアドルフォさんの姉で、107歳でなくなったコンソーラさん

この方も、亡くなる一ヶ月前まで、周りの言うことを全て理解し、すぐに返事をしていたと言います。

ここ日本でも、百寿者は少なからずいますが、元気なケースはそう多くありません。

これに対して、この地域の長寿の研究をしてきた オリアストラ遺伝子研究所のマリオ・ピラストゥ所長は、

「コンソーラさんは、最後まで痩せていました。

彼女の食生活はヤギのミルクとパンの朝食にはじまり、

ミネストローネと少しの果物で栄養をとっていました。

そして、家事のためによく動いていました。

こうして、摂取したカロリー量を消費したカロリー量が、1日の終わりにピタリと一致しました。

これは、100歳を超える高齢者のほとんどに重なる特徴です。

肉を食べるのは、昔と同じように時々。

スピリッツ系の強いお酒は飲まない。

健康的に食べて、日常からよく動き、運動する。

それこそが、彼女のライフスタイルでした。」

また、もう一点強調している。

「彼女は最後まで、自分が結婚生活を送り、子育てをした家で、子供や孫の愛情を感じながら生活しました。

地域の人たちとの交流も重要です。

自分と同世代、あるいは若い世代と明るく触れ合う中で、脳が活性化されていたからです。

実際、コンソーラさんの記憶は最後まで、大昔の出来事から最近のことまで、全て明瞭に残っていました。」

いくつかのポイントにまとめると、、

・空気が綺麗なので、肺が健康。

・ほぼ完全に自給自足の地産地消。外のものは入ってこない。

・腹八分目に抑える。
 理想は、摂取したカロリー量=消費したカロリー量。

・豆をよく食べる。良質なたんぱく質食物繊維が豊富。

また、かねてよりコンソーラさんが言っていた、秘訣がある。

食べるが、食べ過ぎない。

飲むが、飲みすぎない。

よく働くが、働きすぎない。

何事もバランスが大事、が教訓。

前出のマリオ所長が、こう締める。

「オリアストラの長寿者たちは皆、自然のリズムで生活しています。

過剰な食事はしないから、メタボとも無縁ですし、なにより、孤独を知らない。

自分が生まれた集落で、家族や仲間の愛情に包まれ、健康的に暮らしています。

家族の存在は、100個の薬よりも価値がある。

こうした結果、体と心のトレーニングが同時に続けられるのです。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:wacag:20151117183651j:plain

もちろん、食べている物も、自然の物。

食品添加物GM食品など、文字通り「不自然な食べ物」は口にしていません。

長寿の秘訣は、この暮らしを実践することなのだろうが、

ここ日本では、言うほど簡単ではありません。

ですが、食べ過ぎや飲み過ぎ、あるいは、苛立ちや諍い、

そうした諸々が原因のストレスから少しでも解放されることが、長寿につながる秘訣だと意識しておくだけでも、何か変わるかもしれません。

ありがとうございます。

                            

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品など waca-jhi's diary  

waca-jhiのblogの一望は wab's blog