waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

古き良き日本の菜種油

先日から始まったシリーズ

「想い」や方向性が近い生産者さんや料理人さん その他 関係者のみなさんのお話 第二弾

今日は愛知県のほうろく屋さん 二代目杉崎学さんのお話です。

f:id:wacag:20160315145926j:plain

【 古き良き日本の菜種油 】

江戸時代より身近にあった菜種油。

時代は戦後、高度経済成長期を迎え大量、簡単に早く、安価で製造できる薬品抽出法に切り変わり、企業化した会社は、どんどん大きくなっていく。

一方、我々家内工業の小さな製油所は一件ずつ閉鎖、倒産。

時代が昔ながらの手搾り(全て手作業での工程)菜種油を呑み込み、消し去ってしまった。

愛情込めて手間を惜しまず真面目に作り出す菜種油。

顔の見えて物語のある生きた菜種油を届けたい。

そして、心に病を持つ若者との交流から『食』の重要性を感じた私が、先代 大嶽製油所 大嶽喜八郎と出会い、

そこで作られる本物の菜種油の力強さに惚れ込み、この菜種油をもう一度世に 復活させる事を決意しました。

そう、僕が求める循環型の時代の象徴、これからの時代にぴったりの油。

自然の力を利用した純度100%の自然食油です。

これから搾油工程も含めた物語を、少しずつ僕なりの言葉でa seed様の場所をお借りし、お伝えさせていただきます。

 このページはフェイスブックページ "A seed" さんから転載させていただいています。

ほうろく屋では

昔ながらの手作業にこだわった圧搾法で菜種油、油かすを製造しております。

二代目ほうろく屋  杉崎 学

https://www.facebook.com/tougeyamamura

純粋菜種焙煎工房 ほうろく屋

https://www.facebook.com/hourokuya/
_______________

これからもa seedでは実際にお会いしお話を伺った上で「想い」が繋がる方々の 生の声をお伝えしていく予定です。

よろしくお願いします。

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff
元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に
興味を持ち、現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。
https://www.facebook.com/jeffrielau

                            

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                            

 

彦根市の坂根龍我さんの漆作品など一望は waca-jhi's diary 。

waca-jhiのblogの一望は wab's blog