waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

農家にとって雑草は敵か味方か…

先日から始まったシリーズ。

今まで僕が 実際にお会いした方々で「想い」や方向性が近い 現場の みなさんのお話です。

今日は第四弾です。

f:id:wacag:20160315151714j:plain

【 農家にとって雑草は敵か味方か… 】

A seedをご覧の皆様、はじめまして。

岐阜県美濃市で農業をしております。

ササベジの笹本和樹です。

マルシェではアースター農園として、

東海地区のマルシェに出店させて頂いてました。

さて、皆様は雑草は必要だと思いますか?邪魔だと思いますか?

僕は草は畑に絶対に無くてはならないと思ってます。

なぜかというと、皆様が虫だったとしましょう(本来ありえませんが…)。

畑に、野菜しかない場合、野菜を食べて生きていくしかありませんよね?

そんな中で草があったら草へと餌を探しに行きますよね?

もうA seed をご覧の皆様ならハッとした方も多々いらっしゃるかと思いますが、、、

草の中には自分より小さい虫、餌となる草。

野菜だけに棲みつく必要はなくなりますよね?

そして、一方ではそれらの死骸や草が腐敗していき、野菜の栄養となる。

そういった連鎖を壊すこと無く、生き残った野菜の美味しさは格別です。

これが僕の中での無農薬で農業を行う方法の一つです。

つまり、全ての『命』を頂くのです。

僕自身、自然に育った有機野菜の美味しさに魅了されて農業を始めました。

肥料も自家製肥料で抗生物質の入ってない餌を食べた鶏糞。

こだわりのオカラ。こだわりの微生物。を独自の配合をして使ってます。

無農薬有機栽培で野菜、お米を作ってますが、農薬がダメ、化学肥料がダメ。

ではなく、選択肢の一つとして、僕のような農家の作物があると思って食べて頂ければ幸いです。

ご飯美味しいね♪

と、家族みんなの笑顔の手助けを出来ればと思います。

笑顔+安心安全な野菜を食べて元気に過ごしましょう(^^)

Jeffさん、このようなご縁を頂き有難うございます。

これからもただの農家の笹本が伝えていける事を伝えていきます.

 このページはフェイスブックページ "A seed" さんから転載させていただいています。

ササベジは

美濃和紙で有名な岐阜県美濃市にて、

無農薬で限りなく自然に寄り添った農法で野菜、お米を生産から販売まで行っております。

笹本和樹

https://m.facebook.com/kazuki.sasavege

ササベジ アースター農園

https://www.facebook.com/sasavege/

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff
元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に
興味を持ち、現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。
https://www.facebook.com/jeffrielau

                            

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                            

 

彦根市の坂根龍我さんの漆作品など一望は waca-jhi's diary 。

waca-jhiのblogの一望は wab's blog