waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

食品添加物を完全に抜く方法

食品添加物を完全に抜くと(加工食品や外食等)

ちょっと入っているだけでも何か違和感を覚えます。

味や食感が不自然だから・・・

それは ちょうどタバコを吸わない人が、タバコの臭いに敏感なのと同じで

逆に言えばタバコやお酒を飲んでいる人が、自分の臭いに気がつかないのと同じです。

だから最終的に完全に抜いてみることが重要です。

そして それは出来るだけ長期間抜くことが理想。

最低1~2ヶ月です。

それ以下だと すぐに元に戻ってしまいます。

出来るだけ長めが良いのは 少しでも多くの細胞が入れ替わってくれた方が 元に戻りにくく それだけ感覚が鋭敏になるからです。(禁酒 禁煙と同じ)

また人間の身体は約60兆個の細胞で出来ており
(場所や臓器にもよりますが)大よそ1~2ヶ月で入れ替わると言われています。

f:id:wacag:20160830180935j:plain

そのくらい抜くと今度はなかなか元に戻り難くなり 後は何気に匂いや風味で(すべてとは言いませんが) 何か不自然な物(添加物等)が判断出来るようになります。

その頃には原材料を確認する癖もつき「一体 今まで何を食べさせられていたんだろう?」っと気付きます。

そこまで来ると 人によっては 倦怠感や偏頭痛等の体調不良が無くなったりして 何らかの様々な体調の変化に気がつくようになります。 

この感覚は抜いたことの無い人には 永遠に理解できないかもしれません。

是非一度 食品添加物を抜いてみることをお勧めします。

  このページはF.B.ページ "A seed" さんの了解をいただき紹介させていただいています。

 よく 完全に抜くのは大変という方もいますが まずは 外食を止め お惣菜や 加工食品を止めること 間食等お菓子の類も止めること。

肉や野菜等の 素材を買って来て 素材に塩 胡椒 醤油等で味付けして食べる などすれば 案外簡単に実現できます。

ただ最初から完璧を目指さなくても構いません。

まずは出来る範囲で出来る事から始めましょう。

慣れてしまえば 自然に食べないようになるものです♪

農薬の問題や 遺伝子組み換えの問題もありますが

それよりも何よりも一番身近で 大きな影響を与えていると考えられる 食品添加物を抜いてみることをお勧めします。

食品添加物が良いか悪いかは分かりませんが 現代の加工食品に多用されている事は間違いありません。

影響がまったく無い と考えるほうが不自然でしょう。

- a seed 現代自然派調理研究家&プロデューサー  Jeff -
元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に
興味を持ち、現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。
https://www.facebook.com/jeffrielau

-------------------------------------------------

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog