読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔体をもっと知ろう》

頭痛薬を飲み続けると

頭痛薬は痛みを感じる脳のセンサーを麻痺させて、痛みを抑えます。

しかし、ずっと飲み続けていると、だんだん薬が効かなくなっていきます。

それは、痛みは脳が発する大事なSOSだからです。

身体の異常を脳が痛みという形でSOSを発します。

身体のどこかに無理がかかり、それを「自己修正しなさいよ」と脳が発しているのです。

それを、薬で抑えても、脳は発することを止めません。

f:id:wacag:20160926100244j:plain

なぜなら、痛みを感じないと自己修正できず健康に生きていけなくなるからです。

しかし、薬が効かなくなると、量を増やしたり強い薬に変えたりしてしまいます。

健康に生きるために備わった大事な機能を麻痺させて生きようとしているのです。

 FBページ「難病克服支援センター」の了解をいただき、記事を紹介しています。

 本来は、痛みの原因は何なのかを自ら気づこうとする気持ちが大切です。

自分の思考を変えればいいのか、また行動を変えればいいのか

生活習慣なのか、すでに身体のどこかに大きな不具合があるのか

自ら気づこうとする行動の中に、病院での検査はあっていいと思います。

しかし、病院へ行くにしても「痛いので治してください」では、根本原因に気づくことは出来ません。

そして、痛みが止まることがなく、また薬を飲んでしまいます。

大きなツケが返ってこないうちに、SOSに応えたいですね。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され、五年後には寝たきりになるとの宣告を受け一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立てる、走れる、自転車に乗れるまで回復しました」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                  

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog