waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

簡単な地鶏の見分け方

本物の地鶏の軟骨は、食べれません。

固すぎるのです。 歯が、欠けます。

まず地鶏の骨は、走り回っていて 骨が、丈夫です。

とても人間の力では、割れません。

しかし ブロイラーの骨は、まさにプラスチックみたいです。

簡単に割れます。 強度が、雲泥の差が、あります。

 ブロイラーの骨だけ見ても、いかに病気か? よくわかります。

 しかし  巷では、地鶏とうたっているのに、軟骨を置いているお店は、多いです。

これは、詐欺です。

都内では、地鶏は、串1本約400円~600円にて 販売されてます。 

 地鶏は、飼育に手間、コストが、かかるため高価です。

串1本約100円~200円は、ありえないです。

私は、地鶏の軟骨を15分低温でじっくり揚げましたが、試食のアルバイトは、残してました。 食べれません。

あとウンチクですが、鶏軟骨には大きく分けて二種類あり、鶏の胸骨の先にある細長い三角形をしている軟骨を「やげん」、膝の小さな軟骨を「げんこつ」と呼ぶそうです。(食べれないので、覚える必要ないですが・・)

f:id:wacag:20161023102127j:plain

当店では、骨としてスープに活用してます。

 あとこれも詐欺ですが、 知覧地鶏 生育日数 450日・・・美味です。  というキャッチフレーズで販売しているお店が、ありますが、これも、詐欺!!!

鶏で、生育日数 450日といえば 人間では、高齢者です。 

 お肉の旨味などありません。

なぜ450日も、生きていたかというと 卵を産むためです。

まさにお子さんを10人産んだお婆ちゃんです。

このような鳥を 我々は、廃鶏(はいけい)と呼びます。

まさに廃棄せねばならない地鶏です。ただ同然で取引されていると思います。

千葉県幕張本郷のレストラン"スロフード小杉" の
了解をいただき、F.B.pageから紹介しています。

 秋田比内地鶏でも、廃鶏(はいけい)を使った詐欺事件が、ありました。

f:id:wacag:20161023102222j:plain

比内地鶏偽装、元社長に懲役4年 秋田地裁判決

判決によると、藤原被告は06年4月~07年10月、ただ同然で仕入れた廃鶏を使っているのに、1羽約2千円する比内地鶏と偽って県内外の11業者に同社の主力商品「比内地鶏くんせい」「比内地鶏たまご」など4商品として販売、約6300万円をだまし取ったとされる。
                ⬇️
http://www.asahi.com/special/071031/TKY200812240102.html

 このfacebookをご覧の方は、お料理上手が、多いので ぜひ通販で購買してください。

下記が、オススメです。

http://www.jidori.com

ありがとうございます。

                  

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog