読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔体をもっと知ろう》

本ししゃも 大好評でした

やはり本物は、好評でした。生!!!

しかし旬のお魚は、高価なお魚です。

全国の小売店店頭に並べられて販売されている

「子持ちシシャモ」

この魚のほとんどが輸入品で、ししゃもの代用魚です。

本名は「カペリン」、「カラフトししゃも」という名前で

本物のししゃもとは学術的、生態的、市場での価格も かなり違いのある魚です。

f:id:wacag:20161106190141j:plain

輸入量が本物ししゃもの漁獲量よりも圧倒的に多く、

それなりの味が安価に味わえますが、 本物ししゃもの味には到底及ばず、

その風味や食感は似ても似つかないものです。

流通している「子持ちシシャモ」の9割以上がカペリンです。

「シシャモの子」と称されて販売されている魚卵も、その大多数が「カペリンの子」です。

千葉県幕張本郷のレストラン"スロフード小杉" の
了解をいただき、F.B.pageから紹介しています。

 ここからが、重要です。

ししゃもは、北海道の南部の太平洋沿岸でしか獲れない、日本固有のお魚です。

10月から11月の間、わずか一ヶ月 しか獲れない貴重なお魚です。 

食べた瞬間にふわっと広がる上品な香りと、

コクのある深い味わい、ふっくらとした身は、まさに本ししゃもならではです。

f:id:wacag:20161106190211j:plain

鮭と同じく、普段は海で暮らし、産卵は、川に遡上します。

不思議なことに北海道太平洋側の一部にしか、遡上しません。

ありがとうございます。

                  

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog