読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔体をもっと知ろう》

小さなお子さんでも睡眠不足で食べ過ぎに

 

英ロンドン大(UCL)の健康行動研究センターの発表で2歳未満の子どもさんでも 睡眠不足になると食べ過ぎる事が判明。

その結果 大人になってから肥満の傾向や その他 食べ過ぎに関わる健康上の問題を抱える可能性が高まるそうです。

以前から 大人でも睡眠不足だと食べ過ぎて太りやすくなると言われてますよね。

最近の筑波大の研究では 睡眠不足で甘い食べ物が欲しくなるのは、脳の「前頭前皮質」と呼ばれる部分によることが、マウスの実験で分かったばかり。

その傾向がすでに2歳未満から始まっていたとは・・・

f:id:wacag:20161224190604j:plain

以下詳細 *****

ロンドン大学のアビ・フィシャー博士。

イギリス国内の1,303家族の子どもさんを対象に生後16カ月目に睡眠時間を測定し、生後21カ月目に食事について調べた。

睡眠時間が1日10時間未満の子どもさんは13時間以上の子どもさんに比べて、平均で一日105kcal以上多く摂取している事が分かった。

つまり982kcalから1087kcalへとカロリー摂取量が約10%多いことになる。

睡眠時間が少ないと食欲ホルモンの調節が乱れる事を示していると考える。

以前から大人は睡眠不足で食べ過ぎる事は分かっていたが2歳未満の子どもでさえも影響を受ける事が分かったのは初めて。

  このページはF.B.ページ "A seed" さんの了解をいただき紹介させていただいています。

 アビ博士は「一般的な子どもさんや大人を対象とした研究では 睡眠不足が食欲を増す事は分かっていたけれど それよりも小さい子どもさんは 親がどのくらい食べるかを決める事が多いので あまり差が出ないと考えられていた。 

しかし この結果を見る限り睡眠不足になるとカロリー消費が高まるか カロリーを必要とする可能性が高い。 

ただ それらの理由についてはまだまだ研究の余地がある。」との事。

大人でも分かっていても甘いものや脂っこい物を欲してしまうのですが それらの原因の1つが 前頭前皮質だったとは・・・ 

- a seed 現代自然派調理研究家&プロデューサー  Jeff -
元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に
興味を持ち、現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。
https://www.facebook.com/jeffrielau

-------------------------------------------------

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog