読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

毎日の食事のポイント

いつもどんな食事をしているのか良く聞かれるので 簡単に 僕がどんな所に気をつけているかを書き出してみました。

過去にも書いた事有りますが 改訂最新版♪

いきなり全部は無理でも出来ることから始めましょう。

それだけでも絶対無駄ではありません(^_^)
_________

・)インスタント食品 惣菜 加工食品は栄養が少ないので出来るだけ避ける。(ほぼ食べない)

・)一般的なソースやオイスターソース・その他ドレッシングは化学調味料です。味覚が狂うので使わない。

・)炭酸飲料や清涼飲料水は避ける。糖質過多 飲まない

・)砂糖の使用されている物は基本的に食べない(意外に加工食品に多い 炭水化物 表記で)。

・)市販のカレールーやシチューのルー その他の○○の素は糖分や添加物が凄いので使用しない。

・)外食は確かな知識を持ったオーナーさんの店以外では食べない。特に外食チェーン店は避ける。
  どうしてもという場合加工度合いの少ないものがベター

・)調味料は無添加で出来るだけ良い物使う。高級品はちゃんと発酵させてあったりして自然な栄養が多く少量で済む為 結局 安上がり。

・)炒め物等 油が必要な場合 極力肉が有れば 肉その物の脂を使い あえてサラダオイル等は使わない。 
必要なら圧搾抽出の物を使う。

・)塩は天然天日塩  基本的に少なめに使用する。(無意識だとつい多くなりがちな為)

・)野菜は親しい八百屋さんや農家さんから直接買う。
 (出来れば生産過程が分かる物)

・)肉は「銘柄物」等を 信頼の置ける肉店で買う。
銘柄物は エサや飼育環境が 高い分だけ考慮されている事が多い為。

・)電子レンジは加熱には極力使用しない事
  通常の加熱に比べ 栄養が壊れやすく 味も不味くなる。

・)麺類等の粉物は極力食べない(炭水化物=糖質過多)せめて全粒粉に近い物。

・)間食はしない。

・)毎食 同じ物を食べない。

 毎回違う内容なら 最悪そのウチの1つが悪くてもリスクが分散される為。

・)ジャンクフードは食べない分 良い肉を食べるようにする。

・)野菜は 一度に大量に食べるより少なくても良いので毎食必ず食べる。

・)果物も少量であれば食後に食べる事あり。あまり大量に食べる事は無い。

 このページはフェイスブックページ "A seed" さん了解のうえ、紹介させていただいています。

結局の所 昔のように八百屋さんやお肉屋さんで買い物し、煮る焼く炒める等々 普通に簡単に調理すれば良いのです。

変な所で楽をしようとするから 高い値段で栄養の無い加工食品を買い結果的に不健康な食事になっているのです。

しかも よくよく考えてみれば 高いばかりで あまり楽になってない。楽になるのは 頭を使わない事くらい。

栄養は無いし 満足感は無いし マズイし 高くつくし パッケージ等ゴミは増えるし 健康を損なうし

その時は便利そうに見えても後から考えると 問題が山積み。

f:id:wacag:20140629190457j:plain

また こういう食生活が難しいと考えてしまう方は 

それだけドップリ浸かっているという事なので買い物先を変えるとか根本的な所を見直してみては?

「食べ物なんて気にしなくても全然平気です」っという人は 元々良い食生活を送っているけど自覚が無いか まだお若い方かどこか悪くても自覚が無いだけ。

また人間は年間10回以上 風邪をひくと言われていますが ホトンドの方は免疫力が強いので自覚無しで治ってしまいます。

しかし 毎月のように風邪をひいているという自覚のある方は要注意です。免疫力が落ちているかもしれません。

かと言って 神経質になり過ぎるのもNGです。

正しい知識を持って 少しだけ日々気をつけることが最大の効果を得られるでしょう。   

現代の食事は 奇をてらった物が多すぎます。

そういう食事は必ず飽きが来ます。

理想は 出来るだけ飽きの来ないシンプルな食事なのです。

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff
元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に
興味を持ち、現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。
https://www.facebook.com/jeffrielau

                            

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                           

 

彦根市の坂根龍我さんの漆作品などの一望は waca-jhi's diary 。

waca-jhiのblogの一望は wab's blog