読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔体をもっと知ろう》

生の『キハダマグロ』入荷しました。 漁師さんから直送です。

 石垣島から チルドで、生の『キハダマグロ』入荷しました。

漁師さんから直送です。

こだわりのキハダ・・・8.5キロです。

今回は、総合計約40キロであります。

キハダマグロ・・・・・関東ではあまり見かけない。関西、西日本に多い。

関西では、人気が、あります。   

ほとんどが、冷凍であります。

ですので、この生のキハダマグロは、希少です。

もち〜として、粘りのなる旨味が、存在ます。

断然 刺身が、最高です。

f:id:wacag:20170211143409j:plain

この漁師さん こだわりがあり  自分の漁船の中に

ナノバブル 発生装置を魚槽の中に設置しております。

ナノバブルは、「非常に細かい泡」という意味です。

ナノバブル水が魚の鮮度を保つそうです。

魚の鮮度が落ちるのは

雑菌が悪さをしているからです。

窒素に殺菌作用はありませんが

雑菌も酸素がないと生きていけません。

水の中にある酸素は大気と同じ状態になろうとして

大きな窒素の気泡の中に取り込まれ、浮かんできて空中に放出されます。  

酸素が減るので雑菌は死滅してしまい

魚の鮮度が落ちないというわけです。

千葉県幕張本郷のレストラン"スロフード小杉" さんの
了解をいただき、F.B.pageから紹介しています。

窒素ナノバブル水の酸素濃度は通常の水の30分の1で

窒素ナノバブル水の中の雑菌は24時間後に1000分の1にまで減ったそうです。

この技術を応用すれば、今まで捕ったらすぐに冷凍していたマグロも

冷凍でなく冷蔵して港に持ってこられるということができるそうです。   

この画期的な装置により 運ばれたキハダマグロは、秀悦です。

今後 熟成が、進みますので楽しみです。

キハダマグロをお楽しみください。

ぜひ石垣島の焼酎とご一緒にいかがでしょうか?

6年古酒  _・・・絶品です。

ありがとうございます。

                  

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog