読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

日々のデトックスが重要な理由

重金属は普通に生活しているだけでも、私たちの身体に溜まっていきます。

例えばPM2.5ですが、、鉛、カドミウムヒ素などの重金属が含まれています。

また、地下水を飲むことで重金属のヒ素が体内に入ってくることもあります。

土壌の中にある鉱物には微量のヒ素を含んでいるものがあり、それが地下水に溶け込んで飲んでしまうというわけです。

日本は昔と違い、土壌が汚染、酸化し有害物質が蓄積されていることも理由の一つです。

また、マグロなどの大型の魚介類を好んで食べると水銀が蓄積されやすくなります。

その他、予防接種の防腐剤、制汗剤、殺菌剤、殺虫剤などからも水銀、その他の有害物質が入り込みます。

有害物質は重金属だけでなく、食べ物から添加物や農薬、酸化した油などが日々入ってきているのです。

f:id:wacag:20170307104659j:plain

このような環境であるにも関わらず、出すための食事や習慣が昔と比べて少なくなってきています。

昔ながらの和食や自然の食材、本物の発酵食品、食物繊維などの摂取量が極端に減っているからです。

運動不足で汗をかく習慣も少なくなっています。

ゆっくりとお風呂に入り、身体を温めて汗をかく習慣も少ないかと思います。

環境が大きく変わり、入ってくる有害物質の量が増えている中で、出せる量が減ってしまっているのが現代人なのです。

このような状況で、知らず知らずのうちに微量の有害物質が体内に蓄積し、それが不調や病気の原因になっていると思われます。

癌患者は急増し、アレルギーやアトピー、また難病でさえ50年以上前には無かった病気で溢れています。

これらの原因は入ってくる有害物質と出せる量の関係が大きく関わっていると感じます。

有害物質の体内蓄積は代謝、血や水、気の流れ、栄養の吸収、免疫力に大きく影響していると思うからです。

この様な状況を把握したうえで、日々のデトックスを心がけることが健康を維持することに繋がると思います。

また、不調や病気の方は症状に捉われず、まず出すことです。

 FBページ「難病克服支援センター」の了解をいただき、記事を紹介しています。

 溜まった毒素を出すことで、代謝を高め、血や水、気の流れを良くし栄養の吸収を高めることが重要だと思います。

そうすることで、自ら持つ免疫力を最大に引き出すことが不調や病気から遠ざかることに繋がります。

自分がどれだけ溜め込んでいるかの目安は毛髪による「重金属検査」で分かります。

http://nkc.theshop.jp/items/2030260

また、日々のデトックスは「自然に近いものを取り入れること」や「本物の調味料を使うこと」「七葉純茶」がポイントだと思います。

 ご息女が五歳の時に筋ジストロフィーと診断され、五年後には寝たきりになるとの宣告を受け一時は悪化していたものが「小さな光を追いかけ続けた結果約四年で血液検査も正常に戻り、自力で立てる、走れる、自転車に乗れるまで回復しました」との体験をもとに、難病克服支援センターを運営していらっしゃいます。

 難病克服支援センター | Facebook

                  

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog