読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔体をもっと知ろう》

食事は自分の体に聞きながら

大事なのは食事法ではありません。 

昨今 〇〇食や絶食法等 様々な食べ方がありますが

体力がある人の場合 ほとんど自己満足で終わってしまっている事が多い。

一番の理想はやはり専門家の指導を仰ぎながら行うことですが 本来なら 自分の身体と対話しながら食事すれば問題ないはずなのに不健康な状態を認識せず

具合が悪くても調子が良いと思い込む状態の人も多く もう完全な健康だと信じきっている人も・・・

それ自体が 苦しいので そう思いたい気持ちも強くなり余計にそう思い込んでしまっているのかもしれません。

 このページはフェイスブックページ "A seed" の記事の転載です。

でも冷静に見れば

・汗や体臭

・便や尿

・髪の毛や爪 肌の艶や張り

・湿疹やかゆみ等

・精神的安定

・集中力の持続力 

・思考能力の上昇や下降 

・血糖値の上下動 等々から 自分が 何を食べたいのか?

何を食べれば良いのか?は 本来 判断出来るはずなのです。 

しかし それが現代では 様々な添加物や化学薬品等でナチュラルな味覚や感覚が狂わされてしまっています。

そこが一番の問題点です。

食品添加物そのものの毒性ウンヌンの論争もよくありますが 何より添加物によって人間本来兼ね備わっている感覚が狂わされてしまっていることが最大の問題なのです。

ですから添加物は嫌いだけど「時々なら平気だ」という人から1番よく聞く意見ですが

健康ならほとんどの場合 多少のことは平気なはずで 問題は自覚が有るか無いかなのです。

f:id:wacag:20151108191136j:plain

まず 我々は食べる前から 食品の素性等に神経質になる前に

何かを食べてみて 自分の体調がどう変化するのか?

食べる前に比べ どう違うのか?に神経を研ぎ澄ました方が得策です。

〇〇ダイエットとかも同じですよね。

常に大事なのは その「やり方」ではありません。

「経過の今」である「自分の体との対話」が大事なのです。

念のため書きますが 〇〇食法が

悪いとか良いとかという話しではありません。

ただ「正しい自分の体との対話」が出来る人と出来ない人がいるのも事実で

その為に普段から正しい味覚を維持することはとても重要なのです。

a seed プロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff
元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に
興味を持ち、現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。
https://www.facebook.com/jeffrielau

                            

彦根市の坂根龍我さんの漆作品など一望は waca-jhi's diary 。

waca-jhiのblogの一望は wab's blog