読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

蜂蜜・・・西洋ミツバチと日本ミツバチの違いご存知ですか?

本当の美味しい蜂蜜が、来ました。

良い出会いに感謝!!!

蜂蜜・・・西洋ミツバチと日本ミツバチの違いご存知ですか?

f:id:wacag:20170417175246j:plain

🔵ミツバチの違い

西洋ミツバチと日本ミツバチでは、採れる蜜の量に違いがあります。

西洋ミツバチの巣箱ひとつから採れる蜜の量は、年間約30~40ℓ。

日本ミツバチの巣箱ひとつから採れる蜜の量は、年間約5ℓ。

採れる量に、極端な差があることがわかります。

西洋ミツバチは、1年間に4~5回ハチミツを採ることができます。

一方、日本ミツバチは野生に暮らし、巣箱になかなか定住しません。

1年間に1回ほどしかハチミツを採ることができないのです。

そのため、日本国内の養蜂家のほとんどが西洋ミツバチを飼育しています。

あの有名なロイヤルゼルーは、西洋ミツバチからしか取れません。

日本ミツバチには、ロイヤルゼルーは、ございません。

f:id:wacag:20170417175310j:plain

⭕️日本ミツバチの特徴

蜂蜜は、味に深みとコクがあることが特徴です。

色々なものから みつを取って来るので 毎回味が、違います。

だから日本蜜蜂のハチミツは稀少なんです。

日本で飼われているミツバチは、西洋ミツバチが約99%、日本養蜂家ミツバチが約1%とされています。

また栄養が豊富です。

千葉県幕張本郷のレストラン"スロフード小杉" さんの
了解をいただき、F.B.pageから紹介しています。

 日本ミツバチのはちみつは、西洋ミツバチよりもコクと深みがあるので、料理の隠し味として使うとすばらしい仕上がりになります。

難点は、高価であります。

😀養蜂家様からのコメントです。

凄い田舎ですが、日本みつばちにとっては抜群の環境の中で 孫たちの為に本物のハチミツをと始めたのがきっかけです。

 子供の頃から身近にありましたし、非加熱の生のハチミツだから生きてます。

 味も香りもばらばらですが、自然の恵みを大切にしたいと思います。  

・・・・・以上・・・・・

ありがとうございます。

                  

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog