waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

形を変える ジャンクフード

ジャンクフードは麻薬です。

これに気がつかないと 依存性から脱却出来ません。

また 以前はジャンクフードと言えば「ファストフードチェーン店」が代表格でしたが最近は「コーヒーチェーン店」に形を変えているようです。

以前 フロリダ州の研究機関が発表した情報によりますと ジャンクフードを食べたときの人間の脳内で ドーパミンD2受容体の減少が認められたそうです。

これはジャンクフードを食べることでコカイン中毒やヘロイン中毒と同じ快感を得ているということになります。

過去にも「ジャンク好きは中毒なんだ」という風に言われることが多かったのですが 科学的に証明されたのは衝撃的でした。

ジャンクフードとは エネルギー(カロリー)は高いが、他の栄養素であるビタミンやミネラルや食物繊維があまり含まれない食品のこと。

「お砂糖や脂分の多い食べ物や飲み物、キャンディー、ケーキ、ファーストフード、アルコールのように「不健康」と考えられるもの」

基本的に「炭水化物」「油」「塩」「砂糖」等の組み合わせが多い。

特に以下の実験内容が 興味深い 結果です。

f:id:wacag:20170428103724j:plain

今回の実験で ジャンクフードばかり食べさせていたラットは まず 食べる事が強迫行為となってしまい体重の増加がみられた。

後にジャンクフードを食べたら足に不快な電気ショックを与える実験には それを受けると分かっていてもジャンクフードを食べ続けた事 を確認。

一方、バランスのとれた健康的なエサを食べたラットは 体重もさほど増加せず、

後のジャンクフードに手を出すと与える電気ショックには すぐに適応し ジャンクフードを食べるのを止めた事を確認。

さらに、ジャンクフードばかりだったラットからジャンクフードを取り上げ 健康的な食餌に換えると、

肥満ラットはハンストに入り、 2週間ほとんど何も食べようとしない いわゆる自発的飢餓状態となり 中には「自傷行為」までしたラットもいたそうです。

  このページはF.B.ページ "A seed" さんの了解をいただき紹介させていただいています。

イギリスでは16歳以下を対象としたテレビ番組内での ジャンクフードの広告は実質的に禁止

米国ではマクドナルドやキャンベルスープペプシコを含む11の大きな食品販売業者が、12歳以下の子どもに対する、一定の栄養の基準を満たさない食品の広告を、自主規制

コロラド州では既に 炭酸飲料(ソーダ)税を実施

台湾やルーマニアでは ジャンクフードに対し 課税する方針

ブルガリア政府は、全国の学校の食堂や売店からスナック菓子や清涼飲料水を撤去した。

韓国でも既にジャンクフードのTVコマーシャルは 午後5~7時は禁止だそうです。
ハンバーガーのCMは野菜比率を上げて何とかクリアし一応放送OKにしたらしい)

ハンガリーでは、砂糖や塩分の多い 飲食品に課税する通称 ポテチ税が既に施行

フランスでは砂糖の添加された炭酸飲料に課税する通称ソーダ税が既に施行

またウォルト・ディズニー・カンパニーでさえも2015年から同社が運営するテレビチャンネルやウェブサイトからジャンクフードの広告を排除すると発表しています。

現在アメリカ全体でも 長年検討されてきたジャンクフード税ですが 近年再度課税の方向で検討しているそうです。

またジャンクフードに関わるトランス脂肪酸の使用禁止を決定しています。

- a seed 現代自然派調理研究家&プロデューサー  Jeff -
元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に
興味を持ち、現在は静岡県焼津市の会員制レストランで
食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。
https://www.facebook.com/jeffrielau

-------------------------------------------------

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog