waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

味覚を鍛える方法 《 A seed さんより 》

この項はフェイスブックpageのA seed記事の転載です。フェイスブックをやっていない方も見られますので教えてあげてくださいね。また [+読者になる] を押してくだされば都度に配信されます。 

 

【 基本的に食べ物は危険だと疑う事 】

 

 味覚を鍛える方法

 まず買う前にいろいろ検討する事 確認する事も有ると思いますが

 

「そこまで出来ないよ・・・原材料とか見ても分からないし・・・」っという人向け

________

  極論かもしれないけど・・・

 「基本的に すべての食べ物が安心安全だと思わないこと」

 

まず口に入れる前にじっくりと匂いを確認してみる。

そして口に入れてから すぐに飲み込まない。

 ゆっくり舌の上で転がし 

 「どんな味か?」「美味しいか?マズイか?」「必要なものか?」「ソースの味が無かったら・・・素材だけだったらどんな味か?」等々

ジックリ確認する事。

 もし毒だと感じたら 吐き出すくらいの気持ちで食べましょう。

 

そういう前提で食事をすると 本当に良い物と悪いものの区別が付くように訓練されます。 

 

まずは毒かどうか味わう事。

それから食べるかどうか判断すればいいのです。

 f:id:wacag:20140401182429j:plain

 現代は まず味わう事が簡略化されてしまっていて本来の味覚が生かされていません。

 

 現代人は食べ物を口に入れたら舌の上を1~2秒で通過し トータル5秒から7秒で胃に到達するそうです。

しかし どうしてそこまで食べ物を信頼出来るのかが疑問。

 

 以前にも中国産の餃子で事故が有りましたよね。

 昨年は国産冷凍食品でも農薬混入事件も有りましたね。

 過去には 沢山の食品トラブルがありました。

 

 売っているから安心。

パッケージされているから安心。

ではないのです。

 

いたずらに疑心暗鬼になる事は有りませんが 常に毒かも知れない・・・っと考えて食べる方が本能に忠実だと思われます。

 

ぜひお試し下さい♪

 ______________

 a seedプロデューサー 現代自然派調理研究家 Jeff

 元々臨床検査会社に勤めていた所から健康的な食事に興味を持ち

現在は静岡県焼津市の会員制レストランで

食事と健康についての研究や料理プロデュースをやらせて頂いております。

 https://www.facebook.com/jeffrielau

___________

 

彦根市の漆作家 坂根龍我さんの作品の一望は waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog