読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔体をもっと知ろう》

台風10号・北海道被害

台風10号・北海道被害 ついに激甚災害指定きた!

直撃4連続台風を一括で指定!でもキユーピー、コーン缶など販売休止、絶望状態!!

ますます輸入物が、増えます。 恐ろしい!!

台風被害、トウモロコシ缶にも 今年分、製造中止 工場と畑冠水

毎日新聞2016年9月17日 東京朝刊より

キユーピーは16日、台風で北海道の工場が被害を受け、トウモロコシや大豆を使った缶詰の製造ができなくなったとして、2016年分の製造を中止したと発表した。
 製造を中止するのは、「アヲハタ」や「サラダクラブ」のブランドの缶詰などで、計14品目。8月の収穫期に北海道芽室町にある委託先の日本缶詰十勝工場と、その周囲の畑が台風で冠水し、今年分の製造を諦めた。工場復旧のめどは立っていないという。
これまで製造した分と昨年の在庫の出荷を続けるが、数カ月程度で品切れになる見通し。

f:id:wacag:20160923103926j:plain

北海道新聞さんより

台風10号被害 ジャガイモ収穫進まず 十勝 カルビー4商品、発売延期【帯広】道内で相次いだ台風被害により、ジャガイモの流通に影響が出始めている。
主産地の十勝管内などの畑が水につかり収穫が進まないためで、スナック菓子大手のカルビー(東京)が5日にポテトチップス4商品の発売延期を決めるなど、各社が生産・出荷調整に動きだした。
収穫量の落ち込みも確実で、原料価格も値上がりしている。
 道内のジャガイモ生産量は年191万6千トン(2014年)で、全国の8割。国内生産量の33%を占める十勝管内は台風による大雨で畑が冠水し、例年なら最盛期を迎えている収穫が進んでいない。
雨で表土が崩れ、ジャガイモが日光に当たって緑色に変色したり、ぬれて腐る被害も出ており「生産量は2~3割減る」(帯広大正農協)という。
 このためメーカー各社は計画変更を余儀なくされている。カルビーは5日に予定していた季節商品のポテトチップス「ア・ラ・ポテト」のうすしお味とじゃがバター味の発売を10月3日に延期し、12日発売予定のコンビニ限定のポテトチップス2商品も1カ月後にずらす。
同社は「原料が入らず、供給の見通しが立たない」といい、米国産の輸入量を増やして対応するという。

千葉県幕張本郷のレストラン"スロフード小杉" の
了解をいただき、F.B.pageから紹介しています。

  ますます増加する輸入物 恐ろしいです。

じっくりグラフを見てください。

廃業する農家さんが、増えそうです。

農家さんは、高齢者が、多いのが、気になります。

ありがとうございます。

                  

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog