読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

waca-jhiのブログ

《食⇔健康をもっと知ろう》

好き嫌い

好き嫌いについてコメントします。

ご予約のコース料理をご用意する際、 好き嫌いの激しい方が、います。

鶏肉が、全部ダメ、もしくは、魚も全部ダメとか?

もちろん 嫌いなものは、コースから省いてお料理をご用意します。

あと多いのが、鳥のレバー嫌い、鳥の皮嫌い、ウニ嫌い、いくら嫌い これは、

私からすれば 嫌いではなく、最初に変なものを食べてしまって それ以降 トラウマになっている方です。

f:id:wacag:20160717144046j:plain

そのようなお客様には、強引に一口食べていただいてます。

そうしたら『全然違う!!美味しい!!』 との声が、非常に多いです。

ここで 問題なのは、本当に好き嫌いの激しい方・・鶏肉が、全部ダメ、もしくは、魚も全部ダメとか?

このパターンは、本当に厄介です。

先日 鳥が、全部ダメ!!という女性方が、いました。 他の4名のお客様は、いろいろ焼き鳥を、

追加注文いただきました。

その後 テーブルを見ると その鶏肉ダメの方が、なんと焼き鳥を食べてます。

f:id:wacag:20160717144131j:plain

「この鶏肉は、大丈夫です。、その辺の焼き鳥とは、違う!!」と言っていただきました。

しかし決して 美味しいとは、コメント頂けませんでした。 いままで (40~50歳の女性)鶏肉は、ダメと言って

いて 今更 美味しいとは、言えないのでしょう。  あんだけ鶏肉嫌いと言っているのに、食べていてビックリでした。

逆に それを見ていて 憤りを感じました。 心の中で、『地鶏を育てるのが、どれだけ大変か わかっていますか?

養鶏場さんは、生き物が、相手ですので、 ほとんどお休みはないです。 4、5日の長いお休みは、取れないでしょう。

そんな苦労して つくっている地鶏を大丈夫!!の一言。 なめているのか?? 』もちろん心の中で・・   

 お魚でもそうです。  漁師さんのお仕事は、大変です。 

f:id:wacag:20160717144204j:plain

千葉県幕張本郷のレストラン"スロフード小杉" の
了解をいただき、F.B.pageから紹介しています。

朝の4時から 仕事に出たり  また操業は、一人で行ってます。

ですから 先方から 仲間が、事故で操業できない。 この場合 必ず死亡事故です。

本当に危険な仕事で、体力も入ります。   そんなお魚に対して 全部嫌い!!  ありえないです。

f:id:wacag:20160717144302j:plain

食材への敬意が、ないのです。  素晴らしい食材について 感謝して 我々は、ご飯を食べなければなりません。

お野菜も同様です。 大変なお仕事です。

 私は、これらの経験を踏まえ、 すごい好きが激しいお客様は、こちらからお断りした方が、よいと感じております。

読んで いただき本当に感謝します。  ありがとうございます。

                  

過去記事は目次代わりにpinterestに貼ってありますので、いつでもご覧ください。

jp.pinterest.com

                 

 

彦根市の漆芸家、坂根龍我さんの作品などは waca-jhi's diary

waca-jhiのblogの一望は wab's blog